スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VTR250のFブレーキパッドを比較してみた(sbsとデイトナ)

VTR250デイトナ社ゴールデンとsbs社シンタードの比較
使用状況は先にデイトナ使い切り→sbs使い切り→現在デイトナ

*制動力
デイトナ使い切り→sbsの時はほとんど差を感じなかった。
しかしsbs使い切り→デイトナの時はデイトナの方が効きが良く感じた。
つまり新品のデイトナ>交換時期のデイトナ=新品のsbsか?

*コントロール性
デイトナが上。sbsはレバーを握りこんでも効きが変わらない。

*鳴き
sbsはとにかく鳴きがひどい。
レバーから手を離してもシャリシャリと引きずる音がすることがある。
デイトナは普段は鳴かないが、雨天時や洗車後のみ停車寸前に「ゴェ~・・・」と、太めの音で鳴く。

*寿命
デイトナはバックプレートの一部が削れ出すまで使い切って約37000km。
sbsは鳴きがうるさくってそこまで引っ張らなかったが約14000km。
ただし、鳴きが恥ずかしくってリアブレーキ多用した。

*総論
デイトナはコスパ最強。安いだけの赤パッドや値引きの渋いべスラシンタードをあえて選ぶ理由は無い。
sbsは強烈な鳴き、これだけで選択肢から外すべき。
信号で止まる度に周囲から冷ややかな視線を甘受したり、ディスクが凹レンズ型に磨耗してしまう事に耐えるだけのメリットは何も無い。

---sbsの鳴きの原因は何か?---
使用後のsbs左右を合わせてみて上から覗くと、中央部分にスキマがあった(!)。
さらに面取りをしていないデイトナをセットしてしばらく走った結果、
ディスクの外周と内周のみアタリが出て、全面にアタリが出るまで400kmほどかかった。

sbsの使用で、ディスクが凹レンズのように削れてしまったという事だ。
パッド交換なんて何十回もやってるが、こんな事は初めて。
おそらくsbsはバックプレートの強度が不足しているのではないか?

ピストンに押し付けられパッド全体が凸型に変形、歪んだ周辺部が微振動を起して鳴き出す。
当然、ディスクは凹型に磨耗し、パッドは凸型の突起部(中央部)が磨耗し中央部分にスキマが出来る。
こうなるとブレーキレバーをリリースしてもパッドが十分に戻りきらず(歪みが戻るだけ)鳴くのでは?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。