スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりいいけどちょっとだめ -いすみ岩船地蔵尊-

いまから750年近く前の1275年、京の公家社会は鎌倉に政治の実権を奪われてはいましたが、
前年の第一次元寇で公武一体となって元軍を撃退し公家の地位がかなり回復しました。
元寇以前は軽んじられていた中納言藤原兼貞は「ファック東夷!これが最新モードじゃき」と、
公家の文化的優位性を見せびらかすために船に地蔵尊と75体もの神霊を奉じ船で坂東に向かいました。
ところが房総沖で台風に遭遇し、疲れたから地蔵尊とか全部うっちゃって陸に避難しました。
翌日見たら船は勝手に岩船へジョブチェンジしてるわ何かメッチャ怖い岩も出てるわで藤原兼貞も「手に負えんでおじゃる」と宣撫をあきらめ、ここにお堂を建てて本尊と75霊神を安置したとの事です。

勝浦方面(南側)からR128を北上、海岸近くの小道に入るとびっくりするくらい昭和の景色に入ります。
つげ義春の世界が、局地的にではありますが続いてます。
DSCN2023.jpg これはまだSVに乗ってた頃の画像ですね。今でも変わってないと思います。

この辺は実は釣師海岸という、一部マニアには超有名なスポットと隣り合わせでもあります。
私も含め、近寄らないほうがいいセカイではあります。

DSCN2011.jpg くれぐれも『釣師海岸』で画像検索なぞしないように。
・・・おいそこ、オマエやめろ!

赤いお堂の地蔵尊には奉納物が沢山。
DSCN2016.jpg
お堂自体の佇まいもホント想像力を掻き立てられます。

波高き崎に凛と建つ祠。
この寂しい風景に「日本人で良かったぁ!」と感じられる事がうれしい。
しかし、この過保護すぎる護岸は岩船の名を返上するほど屈強


DSCN2021.jpg やりすぎだろコレ・・・

と、2年前まで思ってたけど震災で茨城の六角堂は完全に流失、しかしこの岩船地蔵尊は無傷だったとか。

DSCN2014.jpg

文化財保護のあり方はむつかしいなあ


より大きな地図で ツーリングスポット を表示
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。