スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来た、見た、帰った

ツーリングの帰り、大多喜の沈下橋へ寄りました。

そして、近くの東総元駅へ。
DSCN602301.jpg 無人駅です。
この駅のホームからは沈下橋が遠望できるので、以前は交代で撮影し合うライダー達が見られたものでした。

DSCN602102.jpg しかし、今はもう静かなものです。
ダイヤを見ると、20分ほどで汽車(デンシャじゃないよ)が来るようです。
撮影したさしんで今日一日を振りかえつつ、待ってみる事にしました。

-----------------------------------------

今朝はまず鹿野山に登りました。
マザー牧場のあたりです。もう9月だってのに、完全に真夏の空です。もう熱い(´д`;)
DSCN590403.jpg 東京湾観音や風の塔、富津岬が見えます。

鹿野山林道を抜け、S秘境へ。

DSCN592904.jpg

残酷画像注意!の、はずでしたが・・・

DSCN592105.jpg バッタとカエル、緊迫の場面なのに、
・・・ふう、
どちらも子供のようです。

結局何も起こらず、私の足音に驚いて解散となりました。

長狭街道に入り、大山千枚田へ。
DSCN595106.jpg 残念、脱穀もほぼ終わってしまっているようです。

DSCN595507.jpg かかしコンテストを横目に見つつ・・・

嶺岡林道に入り東へ。
道中のパラグライダー場、休日は家族連れが陣取っているのが普通なのに、珍しく誰もいません。
DSCN597108.jpg ・・・このさしん、ぜんっぜん高低差が表現出来てないっすねw
結構頑張ってバイク前進さしたんだけどなぁorz

さらに東に向かうと海が見えてきました。
DSCN597809.jpg 嶺岡林道は内房側、外房側どちらも最後に海が出迎えてくれるので達成感があります。

そして二子棚田。天気が味方して、海と棚田のコントラストがクッキリ!
DSCN598010.jpg 「ツーリングですか?」
夢中で電子シャッターを切る私に、品の良さそうなオ・バ-ンが声を掛けてくれました。
連れ合いらしきオ・ジ-ンも交えてしばらく喋り込みます。
「下に休息所もあるからいらっしゃい」
オ・バ-ンのうれしい一撃。
しかし丁寧に謝辞し、ストイックに旅を急ぐ。

勝浦のおせんころがし。おせんころがしというのは旧R128の崖のこと。崖の高さもさることながら、路肩の頼りなさが強烈に怖えぇ((((;゜Д゜)))
DSCN599411.jpg でも夏の間は草が生い茂っているんであんま怖くないw

小羽戸の山下家で遅い昼飯食って、やってきますた沈下橋。
DSCN599712.jpg ・・・相変わらず拒絶か。悲しいのう。

水量はいつもよりちょっと少ないな・・・
DSCN599913.jpg ビジュアル的に誰か通んないかなぁ

・・・でもそんな上手くいくわけ

DSCN601514.jpg 行ったよ!
しかも10分足らずの間に3台も!
こりゃついてる、東総元の駅で遠景ねらうべ!


(一行目へモドル)


・・・で、やって来ました東総元駅



「トンボさん、トンボさん。汽車待ってンでさしんオナシャス」
DSCN601816.jpg 「オマエ、後ろ見れ」

は?

トンボ追っかけてたら軽ワゴン来たよ!
DSCN601816.jpg

人間まで来たよ!
DSCN602517.jpg

さらにこりゃアオサギだ!
DSCN605918.jpg

興奮してるうちに汽車が来て、出て行きました。
DSCN603419.jpg

------------------------------------

汽車に気を取られているうちに、沈下橋には誰もいなくなっていました。
DSCN602220.jpg もう帰る時間です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

綺麗な写真と楽しいお話をありがとうございます(^◇^)

沈下橋って車も渡るんですね(・o・)

賑わっていて楽しそうです!!

あさっては棚田を観るのがますます楽しみになりました♪
プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。