スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃村の大楓は主の夢を見るか(3)

前回より続く

予想外の事で「アッ!」と大声上げて立ちすくむ、こんなマンガみたいな経験は生まれて始めてだ。
DSCN4566.jpg 自分でも驚いたが、先ほどからの「フィーーー!!」という鳴き声の主はもっと驚いたようだ。
大楓の向こう側で、茶色い動物が弾かれたように逃げていくのが見えた。
杉林の切れ目に辛うじて見えた、消え去る白いお尻二つ。
鳴き声の主は2頭の鹿だった。

再び生活の記憶を探してみる。
DSCN4567.jpg 大楓のすぐ近くに家屋の基礎が残っていた。
近くに存在するはずの墓石群は、遂に最後まで見つける事が出来なかった。

芸術的な角度の枯れ木。
DSCN4579.jpg 渋谷や飯田橋にそっくりのオブジェがあるw

朽ちていくチヨダ式脱穀機。
DSCN4601.jpg やっぱり田んぼがあったらしい。

深い穴が開いていた。
DSCN4599.jpg 井戸か汲み取り便所の跡?落ちたら大変な事に・・・

反対にまわって撮ってみた。
真ん中に、・・・パーカーを着てフードを被った子供?まるで置き去りにされた座敷童子のようだ。
DSCN4571.jpg 大楓に座って退屈そうに空を見上げていた。

「フィーーー!!」鳴き声が定期的に聞こえてくる。一定の距離を保ったまま、こちらを監視しているようだ。
DSCN4593.jpg いたずら心で、こちらも「ピューーー!」と口笛を吹いてみた。

「・・・フィーーー!!」 え?返してきた!
DSCN4594.jpg 「ピューーー!」「フィーーー!!」
明らかに口笛のリアクションとして鳴き声を返している。
何で返してくるんだろう? 好奇心? 威嚇?
口笛を吹くのを止めると催促するように連続して鳴いてくる。

夢中になって10年分くらいの口笛を吹いた。

DSCN4596.jpg ここに来たのは、この大楓がどれほど紅葉するのか確認するのも目的のひとつだったが、今回は全く色づいていなかった。
しかしこの秋は異様に色づきが悪い年であったので、来年こそ紅葉するのかもしれない。

来年、また来よう。だから今日は帰ろう。
「ピューーー!」最後にお別れの口笛を吹いた。
「フィーーー!!」
DSCN4606.jpg 私は信じる。帰らぬ主を待ち焦がれ、人知れず美しく紅葉する大楓の姿を。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【みやげ話したらおかんが「お前の青春はいつんなったら終わんだゴラ」っつってブヂ切れた】

前回より続く予想外の事で「アッ!」と大声上げて立ちすくむ、こんなマンガみたいな経験は生まれて始めてだ。 自分でも驚いたが、先ほどからの「フィーーー!!」という鳴き声の主はもっと驚いたようだ。大楓の向こう側で、茶色い動物が弾かれたように逃げていくのが見えた...

まとめteみた.【廃村の大楓は主の夢を見るか(3)】

前回より続く予想外の事で「アッ!」と大声上げて立ちすくむ、こんなマンガみたいな経験は生まれて始めてだ。 自分でも驚いたが、先ほどからの「フィーーー!!」という鳴き声の主はもっと驚いたようだ。大楓の向こう側で、茶色い動物が弾かれたように逃げていくのが見えた...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。