スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紺屋歴史資料室

ツーリング中の小休憩のつもりで、南房総は富浦、多々良交差点近くの紺屋歴史資料室に寄ってみた。
11091801.jpg 日曜日しかやってないからなかなか見学できなかったんだよな・・・

入ってみて驚いた、いきなりホンモノの神輿!
11091802.jpg

すげぇ・・・鯨のポンチッチとかキワモノも充実、さらに奥の方に鎧とか刀とかあるぞ・・・ホントに個人博物館?
11091803.jpg 暫し見とれていると、階上から誰か降りてきた。
あ、ココの主さんかな?
「・・・あのなぁ、10人中10人はまず初めに挨拶するぞ?10人中10人はまず初めに挨拶するぞ(#`Д´)!!」
やべぇ、マジギレしてる((((;゜Д゜)))!!
11091804.jpg す、すみません誰もいないのかと・・・
「10人中10人はまず初めに挨拶するぞ!」
ヒイイイイ(((;゜Д゜)))イイイダメだこりゃファーストコンタクト大失敗!退却しよう、傷が浅い今なら半年か1年後か、いつの日か再訪出来るかも試練(;´Д`)
すすすいませんでした!失礼します!!

「・・・どっから来たんだ?っまぁゆっくり見てけ」
よ、よかったぁ(つд`)怒りが解けたようだ。

---------------------------

しばらくするとマンツーマンで解説してくれた

「この神輿はな、昭和55年までこの辺の祭りで使ってたヤツだ」
結構サビちゃってますね。
「だって海ン中ザブザブ入ってくからな」
海ン中!そりゃサビるッスねw
「でも、今は海面でチャプチャプさせるぐらいで潜らせはしないよ」
?何でッスか?
真鍮の部分が今はメッキだからな。海水に濡らすとメッキ剥げちまうって神輿屋がうるさくってな」
11091805.jpg 「だから、(館長さんは話の枕詞に「だから、」をよく付ける。彼の知識量に対してオレのインタビュアーとしての能力が低すぎるので、話を次のステージに進めるために「だから、」を連発せざるを得ないのだorz)
「だから、下の部分が2段になってんだろ?道路が舗装されるようになって、落っことすと、何せ1トンあるからな、足とか挟まれて大ケガする人間続出だから一段足したのよ」
Σ(゜Д゜;)い、いっトン調査団?
車一台分じゃないスか!
「ああ。でも足したおかげで怪我人だいぶ減ったな。」
さすが漁師町、荒っぽいなぁ(;^_^)
「でも、外房(ガイボー)の漁師に比べりゃ内房(ナイボー)のは全然大人しいよ、前に大ニュースになったゴニョゴニヨ・・・(ヤバ過ぎる内容なんでカット(´д`;))
「こっち(画面左)はこの辺の子供神輿な」「だから、となりの(画面右上)は軍艦の艦長室に飾られてた珍品だ」
11091806.jpg そ、それはすごい!
「個人でホンモノの神輿3つも4つもあんのはウチだけだろな」

あ、これ万祝(まいわい、漁師が大漁の祝いに着た着物)っすね?フフン、鴨川の博物館とかで見たッスよ(自慢げ)・・・でもコレ何か違うな・・・?
11091807.jpg 「中に綿入ってるよ。だから、万祝にも夏服と冬服があんのさ」
「染め屋の見分け方教えてやるよ、背中の鶴の絵あるだろ、足を開いてんのがウチの、クロスさせてんのが鴨川の角田工芸さんとこの、足閉じ気味なのは・・・」
「県立とかの博物館で展示してんの、8割はウチのだね」

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

「ウチは元々大漁旗とか万祝専門の染物屋でね、静岡から銚子、気仙沼まで見本帳持って注文取りに行ってたのさ」
うわ、専門家じゃん!
「だから、こういった型紙がたくさんあるよ」(そう言って近くの箪笥を開ける)
11091808.jpg(各引き出しに型紙ギッシリたしかなマンゾク!)
す、SUGEEEっ!!!
何百枚あるんスか!!これ断固ゼッタイ県とかの博物館が欲しがるでしょ!?
「いや、ここにあるのさえ知らないんじゃないか?」
「だから、あいつら万祝について何にも知らないんだよ」
「だから、『サイギョー』なんて専門用語つかうとキョトンとしやがる」

さ、サイギョー?『西に行く』って書くンスか?(´д`;)
「そうそう、店や工場を持たずに渡り歩く染物職人達を西行って呼んだんだ。奴ら、そんな事も知らないんだ。そのうち来なくなっちまったよ」
やっぱり図書館とかで勉強したのと、生活の中での経験じゃ話になんないんですね。
「だから、ウチのは人物とか難しいのやっててね。『波に千鳥』(ググってみてNE)みたいな単純な絵柄と違ってゴマカシが効かない」
「だから、派手な図柄のをアメリカに輸出してたんだよ。連中、派手なら図柄がズレてても気にしないからな」

(;^ω^)・・・

こっちは戦争関係ですね?
「兵隊人形集めててね、土で出来てるヤツ。乃木将軍とか日進日露戦争の頃のが多いよ」
11091809.jpg 「だから、兄貴が徴兵されてね、ホントは海軍行きたかったけど陸軍に配属されちゃったってハガキ来たりしたよ」
(*´∀`)アハハ
「で、満州の○○(地名。残念ながら失念)に配属されてね、川の向こうはソ連だよ」
関東軍の最前線ッスね(;・`д・´)ゴクリ
「その後、一旦日本に寄港して南方に行ったらしいんだけど、戦争終わっても帰ってこないし、国からも何も言って来なくてな」
そ、それはひどい!
「で、昭和23年に厚生省に問い合わせたら、レイテに向かった事までは解ったんだ」
あー、だいぶ引っこ抜かれたらしいですねー
「でも部隊ごと全滅しちゃってて、最後の様子がわかんない。『幻の部隊』って言われてたんだ」
・・・(´д`;)
「昭和25年になって、重傷負って米軍の捕虜になってた生き残りの人から連絡があってな、ようやく兄貴が戦死したって解ったのよ。21才だよ」
(これが図書館の知識を超える現実かorz)
「日本に寄港した時、最後のチャンスだと思ったんだな、沿道で見送りしてた人に駆け寄って遺髪を託してたんだよ」
。・゜・(ノД`)・゜・。切な過ぎるだろ・・・

「だから、戦争の頃思い出してな、戯れに絵にしてみたんだよ」
11091810.jpg 館長さんってキホン楽天家ですね、絵柄で解るッスよw
「描き溜めた絵さ、まとめて博物館とかに寄贈すりゃいいじゃないかって言う人もいるけどさ、ウチだって博物館だわ失礼な」
www


憲兵ってそんな怖かったスか?
11091811.jpg 「怖かったねぇ。向こうから来ると学生なんか隠れてたよ」(館長さんは昭和7年生まれ)

「だから、ココらへんは東京湾要塞だから、軍関係の染め物仕事も多くてね、その型紙さ」
11091813.jpg 青龍刀がありますね?
満州みやげだよ。大陸(中国)から帰ってくる時、兵隊さんみんな背中に背負って帰ってきたんだ。模造刀だけどな」
「だから、昔は骨董市で山ほど売ってたな。最近は見かけないけど」


「こっちは商売関係。ウチも一応商売(クリーニング業)やってるから集めたんだ。
古いレジスターとか手回し計算機とか手堅く纏めましたね。
DSCN4164.jpg 「計算機は今でも動くぞ」
「だから、奥はおもちゃだ。孫とか小学生とか来るんでな」

・・・やっと気付いたけど、この館長さんはかなりサービス精神旺盛。
見に来る人を喜ばせようって配慮がある。
「だから、人形たくさんあるから2階も見てくか?」

うわあ・・・人形ギッシリ!
11091815.jpg 「ウチは収蔵品数1万点だよ」
確かにそんくらいあるかも(゜Д゜;)・・・

あれ?よく見ると「タッチ」の南ちゃんポスターとかセーラームーンのフィギュアとかもあるw
11091816.jpg 「骨董屋が一まとめ千円とかで売りに来るから付き合いだな、まあ子供も喜ぶし」


「だから、子供っていえばコレが一番人気だな」
地獄絵図キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
11091814.jpg 「近所の小学生が社会科見学に来るんだけど、針山地獄とか血の池地獄とか指差して「コレは何してんの?アレは?」って興味深々でな」
「だから、後で「もう一回見して~」ってやって来たりするんだよ」
ちっちゃいリピーターが沢山いるんスね(^ω^)
「おっともう12時40分だ、昼飯食いに戻んなきゃ」
あっ、気が付かなくてスイマセン(´д`;)また来ます!
「あーまたおいで」

でっかいリピーター、誕生ヽ(*´∀`)ノ!!!



紺屋歴史資料室
住所:〒299-2404南房総市富浦町多々良
開館日:日曜
開館時間:10:00~16:00(ただし昼時は家に戻ってごはん食べるんで一時閉館)
入館料:無料(篤志家のみ100円の浄財を喜捨願う)
見どころ:神輿、万祝、土人形、館長
お勧め度:★★★★☆
11091817.jpgその他注意事項等:入館したらまず挨拶!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。