スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参道にかけぬ橋

16号を南下する。メットのスクリーンが徐々に羽虫の死骸で汚れていく。
待ち焦がれた本格的な春の知らせだ、虫には悪いがツーリングシーズンの訪れに乾杯!
などと自分に酔ってたら千葉市に入ったとたん、突然10個近い黒点が突っ込んできた。
アニメなんかで、敵がこちらに向かって大量のミサイルを発射するシーンがあるけど正にそんな感じ。
「うわっ!」と悲鳴を上げると同時にバイクやメットに「プチプチッ」と嫌な感触。
メットもバイクもウェアも粘液まみれだよ!
公園寄ってトイレでゾーキン濡らしてゴシゴシ。家族連れが見てるよ恥ずかしい・・・orz

DSCN1665.jpgうぐいすロードに入ったよ

280353.jpg昼めしは鶴巻の子安って店。練り山葵で想像つくだろうけど、そばはうまくもまずくもない。
でも大きめのあったかいおにぎり目当てでつい寄ってまう。コンビニおにぎりとは違うのだよ。
今度おにぎりだけテイクアウトして外で食ってみよう。
DSCN1670.jpgお決まりの県道81号を南下
DSCN1671.jpgやがて正面に波立つ海が見えてくる。

しばらく海岸沿いを走って「道の駅 鴨川オーシャンパーク」に到着。
ここのすぐ近くに梶原景季が駆った名馬「麿墨(するすみ)」ゆかりの遺構があると聞いた。
オーシャンパーク前の信号を渡って左に90度曲がってる道を歩くとすぐ看板が。
DSCN1673.jpg
この小道に入っていくと驚いた。
DSCN1674.jpg外房線の線路が参道を断ち切ってる!
このパターンは以前、竹岡の燈篭坂大師でもあった。
DSCN0342.jpg
燈籠坂大師は異様に天井の高い隧道で有名だが、元々の参道と思われるものは内房線で分断されていた。DSCN0323.jpg
これらは昔からあった参道の上に機械的に鉄道を通したんだろうな。
観光地化もされてないから今に至るも遮断機どころか踏切も設置しなかったんだろう。
この観光地になりきれん緩さが房総ツーリングの楽しみやで。

子供の頃から「線路には絶対入るな!」といわれてきた身としては大変渡りづらい。
と、いいつつ線路を跨ぎバラストをジャリジャリと踏みしめ前に進む俺。
驚いたな、オレ、背徳感と共にそれに逆らう事を楽しんでる。中学生の頃の様な子供っぽい冒険心がまだ残ってたんだな。

DSCN1676.jpgさらに登っていくと、小さな石仏が一列になっ出迎えてくれた。
この小屋に本尊があるのか、ちょっと残念的だなと思ったが更に奥に続く道があった。
DSCN1679.jpg現れたのは小さな滝と小さなお堂。
一説では名馬太夫黒がここから走り出て源頼朝の目にとまり、源平合戦に名を残す事になったという。
太夫黒は幸せだったろうか?

再びオーシャンパークに戻り、ちょっと南下するとバイクに乗ってたら気付かないぐらい小さな橋がある。
DSCN1688.jpg名馬橋
DSCN1691.jpg太夫黒が若駒の頃、ここで毎日遊んでいたのでこの名がついたという。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。