スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザー車検のために(その4)スピードセンサロータ交換

前回の続きです。
早速ローターを交換すべくバイクが後進しないようギアを入れフロントをジャッキアップ。
三点支持とはいえ、全て車体左側なんでかなり慎重。
DSCN2970.jpg文庫本噛ませてるのは、1ページ1ページが強力な摩擦力で踏ん張ってジャッキ脱落を防いでくれるため。
カマボコ板は一気に脱落するんで危険です(経験者談(つд`)
もちろん理想はフロントスタンド使用です。
DSCN2968.jpg左が4枚の爪全部折れちったローター。右が新品。
こいつの中の磁性体が「訊け、オレの鼓動」とセンサにパルスを送るのですね。
爪をもがれても作動するとは熱いロック魂を感じます。
しかし応力が掛かる部品なのに樹脂製でポキポキ折れるんでいろんなサイトで批判されてますが、おそらくスズキの中の人達が

「金属製なら寿命が延びるだら?」
「でも欠損したらホイールがオシャカになるか、最悪ホイールロックしちまうだに!」

と浜松湖畔でうなぎパイ食べながら話し合い、あえて樹脂製にしてるのかもしれません。

交換そのものは抜いて、グリス塗って、元に戻してホイール廻してローターの位置合わせするだけ。
アクスルシャフト通す時にセンサーが左フォークの回転止めに引っ掛っているのを確認しましょう。
最悪センサーが供回りしてケーブルが切れるかも試練。

作業時間1時間弱、難易度はかなり低い作業だけど、ローターだけ事前入手しといてタイヤ交換の際に持ち込むのがオススメ。
多分工賃も追加請求されないだろうし。

SVを含む型番34990-21E00のスピードセンサーが故障した時は構造的にほとんどがローター欠損だと思われます。
その時はローター単体34983-21E00が注文できる事を思い出してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。