スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房総頼朝伝説(32) 故郷忘じ難く候

平家物語巻第十一の三、「嗣信最期」。
源義経につき従い、身代わりとなって討ち死にした佐藤継信の最後を描いた、主従愛に涙してしまう一章です。
冷徹なイメージの頼朝さんにも、こんな泣かせるエピソードがあれば少しは人気が出るのに・・・

実はあるんです、それも房総に。
館山市神余(かなまり)の大高尾地区には、この「嗣信最期」を連想させる頼朝と忠臣の伝説が残っています。

今回は、その主従愛あふれるエピソードと共に、神余の地に残る伝説も紹介します。


館山市上ノ台集会所。そのすぐ下に貯水池があります。

DSCN4328.jpg

更にその奥のニワトリ小屋みたいなの、これ実は井戸です。
頼朝が地面に矢を刺して掘り当てたという「大井戸」です。

DSCN4330.jpg

集会所で縫い物をしていた往年の美女たちに確認してみました。
「こ、これ、頼朝の大井戸で間違いないスか?」
「ああ、そうだよ」
「やった~ヽ(*´∀`)ノ!」
「あたしが子供の頃は洗い物とかに使ってたんよ」
「今は・・・何つーか・・・(´∀`;)バッチイ感じ・・・」

頼朝は六兵衛という者の家で休息、貧しかった六兵衛ですが頼朝を中の間に招き入れて歓待します。
感激した頼朝は六兵衛に「中ノ間」という姓を与えました。
以来、六兵衛の子孫たちは「中ノ間」姓を名乗り続けてきましたが、明治になって役所への届出の際、「ノ」の字を入れ忘れてしまい「中間」さんになってしまったとの事です。

「この間抜け話って本当なんスかねw」
「あ、中間さんならこの人(と言って中央で縫い物してたお婆さんを指差す)」
「・・・え?え・・えええっ!?た、大変失礼しました!!!

「そん時(頼朝来訪時)の家は今の家と場所が違うけどね。「ノ」の字が抜けた話はホント。
時々あんたみたいな人が来るんだけど、あたしもこれ以上詳しい事は知らないのよ~」

DSCN7325.jpg

「・・・ところでこの辺に『コンメイサマ』っての知りません?」
「コンメイサマ?」
「はい、コンメイサマ」
「それキンメイサマじゃない?」
「あ?ああ!それですそれキンメーサマ!」
「あーキンメイ様ね」

実は、『コンメイサマ』は『金明様』というのを勝手に「こう読むのだろう」と思い込んでいた読み方。
金明様の情報は極めて少なく、こちらのサイト以外にほとんど情報が無い。
要約すると、

・・・江戸時代末期の1830年、「中ノ間てこ」という女房が畑で人骨を掘り当てた。
霊能者に相談すると、
「この骨は伊豆国住人で頼朝家臣の金子五郎源信明の骨、彼は頼朝に従い安房に渡ったが腕を負傷しており、足手纏いになるのを嫌って自決した。
今は故郷の伊豆を望めるところに埋葬して欲しいと願っている」との事。
そこで現在の地に葬り祀ったところ、付近漁師の信仰を集め、一時は茶屋が立つほど賑わったという・・・

以前もこの辺探し回ったんだけど、南総特有の「やぐら(山腹や崖などをくり抜いた、墓や仏像の安置場所)」だらけで確認が大変過ぎてギブしてたんですよね~。
DSCN7346.jpg

「キンメイ様ならそこ左いってまた左いった別荘のところだよ。バイクならこっから2,3分だな」
、という事は歩っても10分程度、バイクだと見落とす可能性あるから歩ってくか。

DSCN7343.jpg

し、失敗した

DSCN7342.jpg

急勾配キッツいぇえええ!ぜーぜーいいながら10分以上。
あ、アレ別荘なんかな?もっと洋館的なものを想像してたんだけど・・・
う~ん・・・

DSCN7341.jpg

ん?え?あ!これだ!

DSCN7340.jpg

祀られてるというより、正直・・・不法投棄されてるみたい・・・

DSCN7339.jpg

頼朝伝説中で難度AAAだと思ってた「金明様」が目の前にある。
(決してスーパーマリオの1upキノコではない!)

DSCN7330.jpg

前述の通り賑わった金明様ですが、賭場でも建ったのでしょうか、警察が介入してきて茶屋は取り壊され集会も禁じられました。
今はもう誰も来ません。

鎌倉に入った頼朝は、その後二度と安房を訪れる事はありませんでした。
頼朝の死後、幕府内での権力争いが激化し、安房に勢力を誇った三浦氏が滅ばされます。
代々親族間で殺し合っていた源氏も滅びました。
更に時代が下り、かつて源氏の白旗の下に集った安西氏と丸氏の間にも諍いが生じ、安西氏滅亡。
戦国時代には新参の里見氏が房州を制圧、丸氏は恭順を余儀なくされましたが、没落していた名門千葉氏は反発して北条氏を頼り、敵味方に分かれます。
千葉氏は小田原攻めで北条氏と共に滅亡、丸氏も里見改易で滅亡しました。
明治になってお茶屋が建って、一時期騒がしくなったけどあっという間に静かになりました。

金明様は今この時も、ここ神余の道端で故郷の事を想い続けています。
DSCN7336.jpg


より大きな地図で 房総頼朝伝説 を表示
スポンサーサイト

房総頼朝伝説(31) 百坂の蟲

以前の房総頼朝伝説(15)で訪れた富津の「百坂」。
ログハウスメーカーの駐車場から先、通行不能と思って探索を断念してしまいました。
今回は反対側、つまり南方面から確認してみました。
google mapを見ると、百坂の南側の入り口には秋葉神社というのがあります。
ただ、その先は拡大しても道が消えちぇるんですが・・・

スマホのgoogle ナビに「富津 秋葉神社」で、とりあえず近くまで進みます。

DSCN7571.jpg

秋葉神社はこの奥です。
・・・こっからはバイク置いて徒歩で向かうことにしました。
24mm広角レンズだと広そうに写りますが、実際は狭い道なんスよ。

通りすがりに軒下見たっけ、
((((;゜Д゜)))うっわ、スズメバチの巣じゃん!
DSCN7599.jpg
よく見ると、スズメバチが巣の表面這い回ったり空母の離着艦みたいに数秒おきに出入りしてる。
タダ券配ってる昼12時台の吉野家並に混雑してる、スズメバチが。

いやこの先ヤバいかも、やっぱ夏秋の藪漕ぎは蜂とか蛇とか怖すぎる!
でもまあ、なんとなく進む。

・・・この辺り、すでに結構きつい坂道なんだよな。

DSCN7574.jpg

写真で高低差の表現ってホント難しいな。

これは後ろ振り返ったトコ。

DSCN7576.jpg

やがて民家が出てきて・・・

DSCN7578.jpg

その奥、左が秋葉神社。
参拝しようかと思ったが、
DSCN7581.jpg
確実に5,60段はある急な階段、夏場は危険なので断念。

さて、肝心の「百坂」があるはずの方向を見ると・・・

DSCN7583.jpg

(;´Д`)・・・

舗装が途切れてる・・・いやこれ道に見えない。
(出光富津線というのは、道路じゃなくて東電の送電線らしい)

DSCN7584.jpg

でもよく見ると、地面にキャタピラの跡。
つまり、この先に何かあるという事やね。

DSCN7592.jpg

意を決して中に入って行く。
この日は時々雨が降っていたので、ちょっとだけぬかるんでいた。
DSCN7587.jpg
なるほど、確かに坂だ。頼朝軍はこの隘路を超えていったのか。
特別歩きにくくは無かったけど、虫が羽音ブンブンさせて集まってくる。

立ち止まって写真を撮ろうとすると、肌の露出した部分に蚊が何匹も群がってくる(´д`;)
絶えず手足を振り回しながら歩くしかない。外から見れば、阿波踊りそのものだったろう。

やがて本格的に行き止まり感漂ってきたが、もう止まらない。てか虫の攻撃が凄過ぎて止まれない。
ヒーかいい!(ili゜Д゜)体のあちこちがかいい!!
DSCN7589.jpg
超必死に阿波踊り移動してたら、いつのまにか下り坂になり、虫も減ってきた。

何か明るいぞ、やっと抜けれる予感!
DSCN7586.jpg

・・・突然視界が開けた。
100m程向こうに、車が一台停まってる駐車場がある。
去年訪れた、ログハウスメーカーの駐車場だ。
草に覆われているが、道は向こうまで続いている。
DSCN7590.jpg
・・・百坂は生きていた。
あっちこちボリボリ掻きながら感慨に浸る。
しかし達成感は無い。
だってバイクのトコまで来た道戻んなきゃならん、あの虫地獄を越えて(つд`)
DSCN7593.jpg
頼朝軍はこの後すぐ三百騎坂も越えてるんで、かなり虫の害に悩まされたんじゃないかな。
DSCN7598.jpg

体中ボリボリ掻きむしりながら進む大軍団、何か今まで想像してなかった行軍の様子が見える気がします。



より大きな地図で 房総頼朝伝説 を表示

房総頼朝伝説(30)googleマップもまた理想郷ではなかった

いやー暑いっすねー。今日は午後2時頃に豪華アパートに帰って来たんすけど、室温が41.8℃でした。
PCの電源入れてマウス触ったら熱いんでやんのwシャワー浴びて着替えたっけ、ツンパほっかほかw

まーどーでもいーんですけどね。
それより前回告知してた房総頼朝伝説 on google map。
大きなモンダイが2つ発生しました。

まず一つめはハンドルネームモンダイ。
素の状態だとメアドが作成者名として晒されちゃうんで、google+ にハンドルネームで登録したっけ、google総統から「ゴラ本名ちゃうやろ4日以内に釈明せんと垢BANやで」って怒られちゃいました。
速攻でgoogle+垢捨てて経過見てたんだけど、どうやら作成者名がメアドに戻る事は無いようなので解決。
そんなわけで、コツコツとググールマップに頼朝伝説を落としていく作業に没頭しちょりました。
かなり未完成ですがβ版として仮公開します。

*赤の目玉入りフラグ:遺跡や遺物、当時を偲べる地形などが残っている所。
*赤の目玉無しフラグ:地名や逸話、焼失などで伝承しか残っていない所。
*緑のフラグ:まだ訪問していない所。


より大きな地図で 房総頼朝伝説 を表示

・・・まだ各所の解説も入れてないし、未掲載の「伝説の地」は最大50以上あるかも。
なのに何故こんな不完全な状態で公開したかというと、

まー、まずはPCから見てください。
次は同様にスマホからアクセスしてみてください。
うはっwアクセス倍増やwww
すんません冗談です、スマホの画面見てください。

銚子か館山のフラグ、ごっそり抜けてませんか?


調べたっけ、googleマップはスマホじゃ100ヶ所しか同時表示できないらしい。
何だよそれドコモだってメール1000件保存できんのにショボ杉orz

とりあえず虫眼鏡アイコンをタップすれば全件テキスト表示できるけど・・・
これじゃ「出先で確認、気軽に立ち寄れる」というスマホの利点が死んじゃうじゃん。


どっかスマホと完全にリンクできてルート作成もカンタンな地図サービス無いかなあ・・・

房総頼朝伝説(29)

梅雨明け頃から昔やった頚椎ヘルニアが軽く再発。
左手がピリピリやねんバイクつらいわ~。

なので、ヤフードライブが閉鎖になってリンク切れになってた房総頼朝伝説をググルマップに落とす作業をしてます。
元々ここは房総頼朝伝説のためにつくったブログなんで、気合入ってまんがな~
実際に行った所を最大倍率まで拡大してフラグ立ててるんで、スマホでアクセスすりゃ誰でもピンポイントで行けるぜスゲェじゃん!

・・・でもまったく人気無いんだよな房総頼朝伝説(ノД`)・・・

まあ草葉の陰で近日公開

房総頼朝伝説(28)いすみ市の伝説②

ほとんど誰も来ないのが自慢な当ブログ。
一日に2,3人程度の訪問数だったのが、最近爆発的に増えたんですよ4,5人に。
一挙に倍増ですわ。

一体何が起こったのか、調べてみると大河ドラマの影響らしい。
まさか最低記録更新中の大河が、こんな泡沫ブログを爆上げさせるとは・・・

そんなわけで、最近更新が止まってたけど地道に調べてた頼朝伝説をサルベージ。
今回は九十九里方面、以前房総頼朝伝説(8)で一旦諦めてた二つの物件。

大杉
DSCN3397.jpg

兜松
DSCN3393.jpg

・・・両方とも想定外に大事にされてて安心したけど、いつまで保てるかわかんない。

---------------------------

さあ、正月にかけてがんばってサルベージするぞ!
そんで訪問者を倍増倍々増×∞さしてアフィ収入で回転寿司食うんだ。
プロフィール

むしゃくらもー

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。