スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近アンテナライダー見ないな(1)

なんかとりあえず千葉ニュータウンのジョイフル本田にオイル買いに行きました。

DSCF1549.jpg

ジョイ本、相変わらず安いなー。
ホンダのオイル、ほぼワンランク下の値段ですね。
G2相当のスミックス赤缶は更に安い(゚∀゚)ムッハ-!

DSCF1551.jpg

クレ5-56で有名なクレハのケミカルも安いんですよ。
愛用してるスーパーチェーンルブが安いんで助かります。
雨には滅法弱いんですがね;。

あ、同じジョイ本でも千葉市のジョイ本は安くないんですよ。
何ででしょうかね?

さて、そのままジョイ本内をブイブイいわしてたら、ワゴンセールでサーモスの型落ち真空ポットが半額以下!
いや~いい買い物でした。

さて、昼めしです。
ホントは出来たばっかりのコストコのフードコートに行ってみたかったんですが、
牧の原モアのフードコートにもオトクな中華屋さんがあるらしいって聞いたんですよ。
だったらジョイ本から歩ってける、牧の原モアの方に行ってみる事にしました。    

DSCF1547_20140729151348e93.jpg

入ってみると、2店舗しか入ってないじゃん・・・客も4,5人しかいねぇ・・・
てか、涼みに来てる高校生ばっかで、メシ食ってるの一人しかいない・・・
大丈夫かココ・・・('A`)

日替わり定食税込530円かー。
増税があったとはいえワンコインじゃないのは残念だなー。
とりあえず注文。

DSCF1543_20140729151348769.jpg

店の人は台湾かChinaの人のようです。
ごま油の香ばしい匂いがして、食欲をそそります。

DSCF1536.jpg

でもビジュアル的にちょっと寂しい気がするなー。
もう一皿、ザーサイ2、3枚乗っけたの追加して、惑星直列みたいな配膳崩すだけで大分見栄え良くなると思うんだけどなー。

DSCF1538.jpg

ほぼもやしで豚肉は挽肉レベルのがちょっと入ってるだけだった。
最近、台湾系の安くてうまい中華料理店があちこちに急増してる中、ちょっと厳しいかな?

DSCF1545_20140729151523d63.jpg

傍らに柏レイソルのサイン入りフラッグが展示してありました。
WC杯、日本代表の2戦目で完全に興味を失ったニワカな私にゃどれが誰のサインかさっぱりですが・・・


満腹になった後、ある探し物の旅に出ました。
まあ、探すというか、事前にグーグルアースで「ほぼ間違い無いだろう」ところまで目星をつけていた物を確認しに行ったんですが・・・

DSCF1554_20140729151523ef6.jpg

上の画像、鉄ヲタならピンとくるかな?

DSCF1556_20140729151524b03.jpg

そうです、白井市某所の「個人所有SL」、D51 1116です。
もっと近寄りたいんですが、

DSCF1557_20140729151524347.jpg

それは犯罪です。
数年前に某掲示板で売却話が出てましたが、ガセだったようです。
よかったよかった。


南下して、船橋郷土資料館。
相変わらず渋滞すげーなぁもー。

DSCF1535.jpg

セオリー通り、土器や鏃など歴史順に陳列されています。
目を引いたのは、室町時代に埋葬された馬の化石。

DSCF1505.jpg

歴史ヲタの間で、日本の馬の大きさについてよく論争になるけど、この化石は予想以上に小さい。
ハッキリ言って、この体制のまま両手を広げて抱き抱えられる程度の大きさ。
これでも同時代の木曽馬の出土例とほぼ同じ大きさだって。
やっぱ騎馬軍団の突撃はまぼろしかなあ・・・

順路に従っていくうち、とうとう船橋ヘルスセンターが開園しました。

DSCF1500.jpg

船橋ヘルスセンター!

DSCF1499.jpg

<後半へ続く>
スポンサーサイト

南房総で道に迷う。
木陰で涼んでいた牛に出くわす。
数メートル手前までまったく気付かなかったので、さすがに驚く。

DSCF1605.jpg

太海まで出る。

DSCF1633.jpg

前回は車が停まってて撮影できなかった例の場所。
今回はオールクリアと思ったが・・・

DSCF1620.jpg

少しだけ、晴れ間が入り込んでしまった。
やはり曇天でないと雰囲気が出ない。

DSCF1623.jpg

誤字入りのプレートも相変わらず。

朝、こんなところで顔を洗う生活がしてみたい。

DSCF1630.jpg

夏毛になった太海の猫は、精悍だ。

DSCF1636.jpg

子猫は好奇心を抑え切れない。

DSCF1637.jpg

勝浦まで北上。
かき氷の「オタカ店」。

DSCF1652.jpg

小豆白玉400円。
最初にシロップを器に入れ、あとはかき氷を積み上げるだけのシンプルな製法。
なので氷と白玉で小豆が隠れてしまい、「スイ」のように見える。

DSCF1650.jpg


より大きな地図で ツーリング めし を表示


同じ勝浦のかき氷店「はな」。
屋根が半壊していて、廃屋みたいだが、良く見ると看板が出ている。
今年の夏から初めて商いを始めたそうだ。

DSCF1655.jpg

女将さんオススメの氷イチゴ350円。

DSCF1654.jpg

生イチゴを使ったシロップ、味は完全に苺ジャム。
かき氷が溶けるのが異常に早く、シロップも薄まってしまって残念な感じ。
オタカ店で食べた後だけに、アラが目立つ。
しかし、女将さんは客一人一人の反応を細かくメモしてるようで、これからに期待。

16時過ぎ、内房に戻って北上。
雲行きが怪しい。
アメダスを見ると南房総を除いて関東一円に雨が降っている。

浜金谷の駐車場に入って東京湾を見ると、真っ黒い雲がどんどん南下して行くのが見える。

DSCF1661.jpg

しかし、アメダスを見ながら走れば濡れずに帰れるだろう。

夏の房総ツーリング

夏の房総ツーリングを考えてる貴方に、ちょっとマニアックなポイントを紹介しましょう。

DSCN4146.jpg

6月

房総の夏、それは(個人的には)毎年6月20日に解禁される和田浦のクジラ漁から始まります。

DSCN0571.jpg

解体の様子は見学自由。

DSCN0589.jpg

解体作業の有無、開始時間は外房捕鯨のホームページで告知されます。
外房捕鯨株式会社
許可されている捕獲数は26頭で、例年8月15日前後のお盆の時期に枠を獲り切るようです。
運がよければ、後述する中興開山会や地獄絵図開帳と組み合わせられますね。

日差しがキツいので早朝に始まる回を選びましょう。

7月

梅雨から初夏にかけての花といえば、アジサイをおいて他にはないでしょう。
関東のアジサイは6月~7月初めが見頃ですが、麻綿原にある妙法生寺のあじさいは7月中旬が見頃です。

DSCN5002.jpg

そして、毎年7月第3日曜は中興開山会、このアジサイを植えた蕎麦好きの前住職を偲ぶ日。
地元の蕎麦やとうもろこし、牛乳などを振舞ってくれます。

12071507.jpg

7月の第3日曜というのは翌日が「海の日」である年が多いのです。
3連休の中日ですから、出掛けやすいですね。
http://musyakuramoo.blog48.fc2.com/blog-entry-179.html

8月

真夏といえば「怖~い話」です。
日本各地のお寺で地獄絵が開帳されます。
私のお勧めは14.15日の小松寺、16日の延命寺。

DSCN5472.jpg

特に16日の延命寺は住職の解説があります。
閻魔様は実は舌を抜かないとか、仏前に餅を供える本当の理由とか、

11091814.jpg

一応仏教徒のクセに知らなかった事が聞けますよ。
http://musyakuramoo.blog48.fc2.com/blog-entry-186.html

9月

酷暑も過ぎ、
お馴染み大山千枚田の稲刈りもいいんですが、とにかく人出が多いしパトカーも「停めんな~出てけ~」とうるさいので、
当ブログとしてはやはり近くの二子棚田をオススメします。

DSCN57697.jpg

稲刈りの時期は大山千枚田とほぼ同じなようです。

DSCN598010.jpg

http://musyakuramoo.blog48.fc2.com/blog-entry-191.html

どうです?夏の房総ツーリングもけっこう面白そうでしょ?

DSCN7387.jpg

ニコタナダノボレ0510

あーコラあー?
何だよこの雨!あーもー地球うぜぇ!
ちょっと地球にやさしくしてやったら増長しやがって!
このクソゆとり地球、何オマエ梅雨入りした途端はりきって大雨降らしてくれてんの?

「はあ?だって梅雨だしwww雨降んのが当たり前ですが何か?はあ?」

とか言ってやがりそうでマジ原辰則.。
特に最後、繰り返しの「はあ?」マジむかつく。
大体、梅雨ってのはしとしと降ったり止んだりすっから許せんだよコラ。
それをオマエ2日も3日もザーザーザーザーと・・・
あーもー死ね!地球死ね!!
やっぱ日本人はアマテラス太陽信仰ですよねっ。

そんなわけで田植え前後の二子棚田に昇る朝日を拝みに行ってきました。
まあ、GW中の話なんですけどね。
朝日に照らされる、鏡のような棚田を見たかったんです。
そうなると田植え前後の水を張った状態がベストですよね。

5月10日、天気予報で夜中からド晴れ。

時は来た!

夜中にね、エンジンに火ィ入れて走り始めたわけです。ご近所迷惑ですね。

r86養老線とか走ってると突然

DSCF1379.jpg

崩れたてホヤホヤのにも出会えるワケですよ。
でも鹿や猪みたいに突っ込んでこないからへっちゃらだぁい。

日の出は04:47の筈なのに、ヤベェ!04:00前からなんか空が明るくなってるし。
途中どっかでお湯沸かしてどん兵衛食おうと思ってたけど、断念して直で二子棚田へ。

DSCF1387.jpg

おお、いい感じ♪
すでに田植えを終えたらしい田んぼもある。

DSCF1398.jpg

一緒にバイク入れた写真を狙ったけど、角度的に棚田がほとんど写らんw

DSCF1411.jpg

バイク停める方向変えて撮り直すべ~かなとも思ったが、
腹減ってたし寒かったんで、どん兵衛。

DSCF1423.jpg

どうして野外で食うどん兵衛はこんなにも美味いかのう。

DSCF1426.jpg

5時を過ぎるとようやく朝日が・・・

DSCF1440.jpg

よく考えると、これが今年初のツーレポだな(驚愕)

DSCF1442.jpg

今年もよろしくお願い致します。

DSCF1463.jpg

まあ、更新頻度はかなり遅いけどね。

房総頼朝伝説(32) 故郷忘じ難く候

平家物語巻第十一の三、「嗣信最期」。
源義経につき従い、身代わりとなって討ち死にした佐藤継信の最後を描いた、主従愛に涙してしまう一章です。
冷徹なイメージの頼朝さんにも、こんな泣かせるエピソードがあれば少しは人気が出るのに・・・

実はあるんです、それも房総に。
館山市神余(かなまり)の大高尾地区には、この「嗣信最期」を連想させる頼朝と忠臣の伝説が残っています。

今回は、その主従愛あふれるエピソードと共に、神余の地に残る伝説も紹介します。


館山市上ノ台集会所。そのすぐ下に貯水池があります。

DSCN4328.jpg

更にその奥のニワトリ小屋みたいなの、これ実は井戸です。
頼朝が地面に矢を刺して掘り当てたという「大井戸」です。

DSCN4330.jpg

集会所で縫い物をしていた往年の美女たちに確認してみました。
「こ、これ、頼朝の大井戸で間違いないスか?」
「ああ、そうだよ」
「やった~ヽ(*´∀`)ノ!」
「あたしが子供の頃は洗い物とかに使ってたんよ」
「今は・・・何つーか・・・(´∀`;)バッチイ感じ・・・」

頼朝は六兵衛という者の家で休息、貧しかった六兵衛ですが頼朝を中の間に招き入れて歓待します。
感激した頼朝は六兵衛に「中ノ間」という姓を与えました。
以来、六兵衛の子孫たちは「中ノ間」姓を名乗り続けてきましたが、明治になって役所への届出の際、「ノ」の字を入れ忘れてしまい「中間」さんになってしまったとの事です。

「この間抜け話って本当なんスかねw」
「あ、中間さんならこの人(と言って中央で縫い物してたお婆さんを指差す)」
「・・・え?え・・えええっ!?た、大変失礼しました!!!

「そん時(頼朝来訪時)の家は今の家と場所が違うけどね。「ノ」の字が抜けた話はホント。
時々あんたみたいな人が来るんだけど、あたしもこれ以上詳しい事は知らないのよ~」

DSCN7325.jpg

「・・・ところでこの辺に『コンメイサマ』っての知りません?」
「コンメイサマ?」
「はい、コンメイサマ」
「それキンメイサマじゃない?」
「あ?ああ!それですそれキンメーサマ!」
「あーキンメイ様ね」

実は、『コンメイサマ』は『金明様』というのを勝手に「こう読むのだろう」と思い込んでいた読み方。
金明様の情報は極めて少なく、こちらのサイト以外にほとんど情報が無い。
要約すると、

・・・江戸時代末期の1830年、「中ノ間てこ」という女房が畑で人骨を掘り当てた。
霊能者に相談すると、
「この骨は伊豆国住人で頼朝家臣の金子五郎源信明の骨、彼は頼朝に従い安房に渡ったが腕を負傷しており、足手纏いになるのを嫌って自決した。
今は故郷の伊豆を望めるところに埋葬して欲しいと願っている」との事。
そこで現在の地に葬り祀ったところ、付近漁師の信仰を集め、一時は茶屋が立つほど賑わったという・・・

以前もこの辺探し回ったんだけど、南総特有の「やぐら(山腹や崖などをくり抜いた、墓や仏像の安置場所)」だらけで確認が大変過ぎてギブしてたんですよね~。
DSCN7346.jpg

「キンメイ様ならそこ左いってまた左いった別荘のところだよ。バイクならこっから2,3分だな」
、という事は歩っても10分程度、バイクだと見落とす可能性あるから歩ってくか。

DSCN7343.jpg

し、失敗した

DSCN7342.jpg

急勾配キッツいぇえええ!ぜーぜーいいながら10分以上。
あ、アレ別荘なんかな?もっと洋館的なものを想像してたんだけど・・・
う~ん・・・

DSCN7341.jpg

ん?え?あ!これだ!

DSCN7340.jpg

祀られてるというより、正直・・・不法投棄されてるみたい・・・

DSCN7339.jpg

頼朝伝説中で難度AAAだと思ってた「金明様」が目の前にある。
(決してスーパーマリオの1upキノコではない!)

DSCN7330.jpg

前述の通り賑わった金明様ですが、賭場でも建ったのでしょうか、警察が介入してきて茶屋は取り壊され集会も禁じられました。
今はもう誰も来ません。

鎌倉に入った頼朝は、その後二度と安房を訪れる事はありませんでした。
頼朝の死後、幕府内での権力争いが激化し、安房に勢力を誇った三浦氏が滅ばされます。
代々親族間で殺し合っていた源氏も滅びました。
更に時代が下り、かつて源氏の白旗の下に集った安西氏と丸氏の間にも諍いが生じ、安西氏滅亡。
戦国時代には新参の里見氏が房州を制圧、丸氏は恭順を余儀なくされましたが、没落していた名門千葉氏は反発して北条氏を頼り、敵味方に分かれます。
千葉氏は小田原攻めで北条氏と共に滅亡、丸氏も里見改易で滅亡しました。
明治になってお茶屋が建って、一時期騒がしくなったけどあっという間に静かになりました。

金明様は今この時も、ここ神余の道端で故郷の事を想い続けています。
DSCN7336.jpg


より大きな地図で 房総頼朝伝説 を表示
プロフィール

Author:むしゃくらもー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。